Tag Archives: wrecks

The Line Between

wrecksというのは自分の名義なのか屋号なのかプロジェクトなのか元より曖昧にして来たものを、その曖昧さを回避するどころかむしろさらに増そうとしてみたここ数年。ただ最近はそんなスタンスでいるテンションでもなくなってきたので、ここらで線引きということで新たなドメインに。よりパーソナルだったブログも愛着があるのでタイトルは残しつつ移し替えて。最近すっかり主戦場となりつつあるモーションデザインというワードを盛り込んでみたり、結局ただの気持ちの問題ではあるものの、やはりスッキリ。どこかでなにかを節目として線を引き直すというのもたまには重要だなと。

せっかくなのでポートフォリオとしての機能も持たせたいけれど、まずは線を引いた向こう側の処理も考えつつ。実験的に遊びつつスタイル出せたら理想ですが。

SOMEWHERE IN BETWEEN


wrks_inbetween_tee_01
wrks_inbetween_tee_02
wrks_inbetween_tee_03
wrks_inbetween_tee_04

Animation&Motion Graphics : Nao Harada
Sound Design : Tsuneyoshi Nagatomo

必要性のないものだからこそ作るという自らのガス抜きを兼ね、その作る労力から生じるフラストレーションも同時に混ぜ込みながら、日々の思考の具現化と、点々と散っている日々の仕事をつなぐ試みとして。

“SOMEWHERE IN BETWEEN” Tee

4,800円(税抜)
ライトグレー, グリーン
S, M, L, XL

http://store.indyvisual.org/?pid=119620607

Unfindable Tee

wrecks_tee_unfindable_close1
wrecks_tee_unfindable_close2
wrecks_tee_unfindable_blk
wrecks_tee_unfindable_wht

久しぶりに作ったTシャツは、いつものやや胡散臭いコンセプト付けから解放されるべく導き出した「コンセプトを見出さない」をテーマに、意図がありそうでない、でも結局は何かしらある、けれど大事ではない、というような曖昧な物に。

昔からほとんど作ったことがなかった白黒オンリーというのも、淡白で、含みの無い感じを意識して。

実際何がUnfindableって、そもそもこのTシャツが世のほぼ全ての人には見つからない、なんていうシンプルな意味もあったりしつつ。それはそれとして、Tシャツに付随するもしくは(無いはずの)コンセプトを補間するためのアニメーションも遊び半分実験半分、ガス抜きのような日頃のイメージやアイディアの放出も兼ねて制作。

最終的にはPremiereとAfterEffectsなくして僕は何もできませんが、iPadでアニメーションを描き、iPhoneで適当に音を出し、遊び心というより本当に遊んだだけで。実験的要素として去年こしらえた自作のマクロレンズで撮った映像をベースにしつつ、最終的にアニメーションをかぶせてしまったのでそこはあまり見えてこないけれど、とにかく手の届く範囲でのDIY精神に則り。

“Unfindable” Tee

4,800円(税抜)
ブラック, ホワイト
S, M, L, XL

http://store.indyvisual.org/?pid=105936833

Yamikumo Tee

wrecks_tee_yamikumo_01
wrecks_tee_yamikumo_02
wrecks_tee_yamikumo_03
wrecks_tee_yamikumo_04
wrecks_tee_yamikumo_05

闇雲に作ったレンズと、闇雲に作ったアニメーション。そこからこのただ歩く下半身を胸元に入れたぐらいのシンプルなTシャツを作りたいなと結構前に思い立つも、それだけだとコンセプトがちょっと弱いなとしばらくアイディアを寝かせていたところ、ある日学校か温泉の下駄箱みたいなところで小さな扉を次から次へと開けては閉め何かを探し続けひたすら探し続け、何も見つからず最後にはそもそも探し物など無かったのでは?いったい何を探していたのかも分からない、という夢を見たことを思い出し、これだとばかりに「DO NOT SEEK」と入れてみました。

なんとなく物事に答えを求めがちになってしまったり、自分なりの答えが出たつもりでもその答え自体が自分の狭い経験や思考のみから来てしまったりと、きっとそんなんではダメなんだろうなと、答えを求めない、という答えに結果行き着いてしまった訳ですが…。
そんなことを考えながら同時に、明確なビジョンは持つべきなのか、なんて考えたり、でもやはりそこも現時点での狭い視野や低い経験値から見据えた小さなビジョンや既にお手本のように存在するビジョンなどを追いかけるよりも、まだ知らない闇の一歩先へ行く事で見えてくる景色的な、そんなのがある、闇雲万歳、というのが真のコンセプト。

“Yamikumo” Tee

4,800円(税抜)
アッシュ, スレート
XS, S, M, L, XL

http://store.indyvisual.org/?pid=93279674

Everything Cook & Curry

minamicurry-tee-oatmeal1
minamicurry-tee-oatmeal2
minamicurry-tee-oatmeal3

辻堂にあるカレー屋さん「Minami Curry」のロゴデザインを店主のタイジくんから依頼されて作ったのがいつだったか、それにロゴを入れてTシャツを作ろうと話したのは去年の春頃だったか、、、ようやくこの夏、出来上がりました。

バックプリントの”Everything Cook & Curry”はタイジくんからのリクエスト、意味合い的にはパトワ語で「大丈夫、気にすんな」とのこと。そしてカレーと言えば、コブラ。コブラと言えば…。

Tシャツと言えば、10年以上前に遊びでTシャツをつくりたくてWRECKSというモノを始めて、ひょんなことからOught / Indyvisualの遠矢さんとつながり、それ以来ブランドっぽく見立てたり展開してみたり。もちろん何を出しても売れるというような状態だったら違っていたかもしれませんが、年々「物」としてのモノを作る気持ちやモチベーションも下がってきて、さらにはスタンスは違えど量販店や百貨店などで季節ごとに入れ替わり立ち替わり溢れ返る物の数々を見るだけでお腹もいっぱいになってしまい、最近はoughtとAREthもやってるし自分の描いた物やデザインした物を身近な所で見るにも着るにもちょっとあれば十分だなあとか思う昨今、でしたが、実際はクライアントワークで他にも色々Tシャツなどは作ったりし続けていたりも、しますが、今回これをやっててTシャツを作る単純な楽しさを思い出し、何かまた作りたいなあと久しぶりに余計な考えも無く自然と思えたのも個人的な収穫でした。やっぱり何事にも単純な楽しさを感じられるかどうかが一番の動機になりうるのかなと。

とは言え、facebookとかinstagramも一切やめてしまったので、身の回りに宣伝というレベルどころかこういうとき友達にすら伝達しにくい、なんて時代遅れな不便さも感じつつ。このブログが自分に残された唯一のインターネット上の手段。

インターネットと言えば、僕はここ最近「インターネットが地震より怖い」っていうのを口癖にしていたけれど、10年以上前に出てたという糸井重里さんの「インターネット的 (PHP文庫)」が最近話題と目にしたので、「ほぼ日」はあまり見ていなかったのですが、MOTHERの人はいったいインターネットをどう捉えていたのかなあと気になって買ってみました。まだ半分ぐらいしか読んでいないので分かりませんが、どちらかというとインターネットというのはあくまで切り口で、内容は社会学的な?印象というか、自分の親世代の先人でこういう大人がこういう業界にいるんだなあと知れただけでも何か安心できたというか、漠然とした色んな疑問や不安に対するヒントも鏤められてるように感じました。まだ、半分しか読んでいませんが。

全然違う話になってしまいましたが、EVERYTHING COOK & CURRY.

Minami Curry / ミナミカレー
神奈川県藤沢市辻堂5丁目20−16
0466-77-6731