Drawing Practice




絵を描くことにしばらく距離を置いていたらだいぶ筆の進み具合が遅くなってしまっていたので、リハビリも兼ねつつ、少しぐらい絵が上達しないものかとスケッチブックに適当に描き続けて、そこで何か見いだせればマグカップでも作ろうと思ったのが始まりだったものの、おおむね苦しんだ作業だったので、そのまま透明感を出してZineに変換してみました。

182 x 117 mm
68P

“Drawing Practice” Zine at Indyvisual Online Store

Fragile Glass







当初は透明のMicrowave safeなグラスマグを作りたかったけれど、最終的にはプリント重視でシンプルなロックグラスに落ち着きました。
グラフィックのコンセプトしては、具象と抽象の間のような一見すると意味が無いようで在るようで、様々な物事が直接的に関係は無いけれど相互に働きあい、動じずも脆く維持している位置関係の1フレームを切り出したようなスチール感をイメージしています。

サイズ:φ74mm ×高さ78mm / 内容量:200ml
材質(本体):ソーダグラス + 金(シルクスクリーン印刷)

日本製

WRKS Pastime “Fragile Glass” at Indyvisual Online Store

WRKS Pastime

Different Perspectives









現在製作中のグラスデザインに用いてる手描きのグラフィックを、3Dオブジェクトになった場合の見え方を再現するためではなく、そのプロダクト自体を装飾するためでもなく、どちらかといえば異なる視点における再解釈・再描写してみたもの、プロダクトのコンセプトを補完するためもしくは直接的には見えない奥行きを照らし出すための制作。

WRKS Pastime

WRKS Pastime



その位置付けは、意味が無いようでありまた有るようでもあり、根元の部分のようでありファーエンドのようでもあり。狙いとしては、実験性と提案性を兼ね備えながら、欲しいものを作るという原点回帰をもとに。いつしかの若気の至りのようにまだまだ無知に楽しんで物を作れそうだなと、歳を重ねたことで変化したテンションや価値観を落とし込みながら、カテゴライズされない空間づくりを目指して。

WrecksあたらめWRKS Pastimeとして、根本とURLは変わらないながらも気持ち新たに、質感と空間を意識したものづくりを狙っていきたいなと。まずは日常にすっと小さく忍び込むためのテーブルウェアから製作予定です。

https://www.wrecks.jp

SPEKS blogged by Nao Harada