Tag Archives: indyvisual

Mini Pop Up at Indyvisual



今回はロックグラスを作るにあたり、1商品としてただ見せるのではなく、グラスのデザインだけでは表現しきれていないコンセプトをより明確にするために、バックグランド(文字通りの)としてのペインティングとを合わせて、透過や反射でちょっと遊びながらもコンパクトに見せることはできないかと、物は試しにIndyvisualでポップアップ的に設置させてもらいました。

実際置いてみようとすると頭の中にあったイメージとは結構違うもので、なぜかZineが一番フィーチャーされたような結果になったり、あえて隣に置こうとしてたウォーターサーバーも並べてみると雰囲気がちょっと違っていたり。まあこういうのは予定調和でポンと置いて終わるだけよりも面白かったと言えますが、思いつきの遊びのようなことに付き合ってくれる遠矢さんには感謝です。(少しアップデート予定。)

WRKS Pastime “Fragile Glass” at Indyvisual Online Store





The Mirror #1
Acrylic on wood panel
40 x 40 cm

コンセプトは、鏡、もしくは鏡の世界をのぞくための四角い窓。世の中にある相関性が無いような物事・事象が距離を保ちながらも混在しており、それらはその場に静止してるようでも常に変位しうる状態にあるが、自分自身の目に映る日常の世界とは形にしてみればこんなものなんじゃないかという世界観を視覚化してみたようなもの。

Drawing Practice




絵を描くことにしばらく距離を置いていたらだいぶ筆の進み具合が遅くなってしまっていたので、リハビリも兼ねつつ、少しぐらい絵が上達しないものかとスケッチブックに適当に描き続けて、そこで何か見いだせればマグカップでも作ろうと思ったのが始まりだったものの、おおむね苦しんだ作業だったので、そのまま透明感を出してZineに変換してみました。

182 x 117 mm
68P

“Drawing Practice” Zine at Indyvisual Online Store

Fragile Glass







当初は透明のMicrowave safeなグラスマグを作りたかったけれど、最終的にはプリント重視でシンプルなロックグラスに落ち着きました。
グラフィックのコンセプトしては、具象と抽象の間のような一見すると意味が無いようで在るようで、様々な物事が直接的に関係は無いけれど相互に働きあい、動じずも脆く維持している位置関係の1フレームを切り出したようなスチール感をイメージしています。

サイズ:φ74mm ×高さ78mm / 内容量:200ml
材質(本体):ソーダグラス + 金(シルクスクリーン印刷)

日本製

WRKS Pastime “Fragile Glass” at Indyvisual Online Store

WRKS Pastime

WRKS Pastime



その位置付けは、意味が無いようでありまた有るようでもあり、根元の部分のようでありファーエンドのようでもあり。狙いとしては、実験性と提案性を兼ね備えながら、欲しいものを作るという原点回帰をもとに。いつしかの若気の至りのようにまだまだ無知に楽しんで物を作れそうだなと、歳を重ねたことで変化したテンションや価値観を落とし込みながら、カテゴライズされない空間づくりを目指して。

WrecksあたらめWRKS Pastimeとして、根本とURLは変わらないながらも気持ち新たに、質感と空間を意識したものづくりを狙っていきたいなと。まずは日常にすっと小さく忍び込むためのテーブルウェアから製作予定です。

https://www.wrecks.jp

STAY COMFORTABLE


このグラフィックを作った頃の心情はすでに忘れつつも、意味合い的には文字通り居心地良ければそれで良いでしょう、裏を返せば、居心地が悪ければそこに居座る必要もないでしょう、といったシンプルなもの。いわゆるぬるま湯のようなものに浸かっているとして、そのぬるま湯がちょうど良ければそれで良いのだろうし、逆にそのぬるま湯にずっと浸かっていてはまずい、と思えばそこから脱すれば良いだけかなと。そこもさじ加減ではあるけれど、無理は禁物、くらいに。

最初は旅先で使えるヨガマットのようなものが欲しくて、Tシャツ用に作った絵柄から敷物も一緒に作って見せれたらと提案してみたものの、結果それほど簡単に作れるものでもないようで、最終的にちょっとしたアウターみたいなクオリティのブランケットも誕生しました。
そしてブランケットだけでも遊び心としては満足していたのですが、グラフィックがはまりそうだったから、ノベルティのミックステープも作りたいなということで。OughtのミックスといえばのTsuにはなんども作り直してもらいながらイメージに近づけてもらいつつ、たとえ再生されなくても物として成立するようにパッケージもこだわりつつ。
マス向けの産業も眺めながら、排他的なインディースピリッツも捨てきれず、色々思うこともあり、今回個人的にも意義のあるものにはなったなあと。そしてより居心地の良いもの・ところを求めて、妥協で終わらないよう、内容問わず手と頭は動かし続けなければいけないなと。

Indyvisual Online Store : Tシャツブランケットキャップトートバッグビーチサンダル

と、Oughtの2018年春夏のカタログ。














Ought Spring/Summer 2018

Model : Remi (BE NATURAL)
Photography : Hirama Takashi
Art Direction / Design : Nao Harada
Hair : Shinji Goto (g hair works)

http://www.oughtclothes.org/