Tag Archives: wrecks

Fragile Balance









ロゴデザインなどで親交のある、辻堂に構えるミナミカレーにて小さなボムのごとくひっそりと、やや異空間の出現的なイメージで、芋焼酎の前に設置させて頂いてます。
飲食つながりで、面白がって購入してくれる方がいたら嬉しいのですが。

店主のタイジ君による独自な調合から作り出されるカレーは、オリジナリティもあれば、定番カレーのような安心感もあったり、同時に気まぐれな遊び心もあったり、なんていうところでしょうか。古材を使った店内はリラックスするにはちょうどよく、昼間からのビールが最高なお店です。

バックグラウンドにおいたペインティングのコンセプト「Fragile Balance」は、グラスのコンセプトからほぼそのままに、一見均衡が取られているようでも常にある危うさのようなもの、そういう物事が並んでいる空間を切り取った、擬似3D的な絵の中にグラスを浮かせるイメージで。

https://www.minamicurry.com

Mini Pop Up at Indyvisual



今回はロックグラスを作るにあたり、1商品としてただ見せるのではなく、グラスのデザインだけでは表現しきれていないコンセプトをより明確にするために、バックグランド(文字通りの)としてのペインティングとを合わせて、透過や反射でちょっと遊びながらもコンパクトに見せることはできないかと、物は試しにIndyvisualでポップアップ的に設置させてもらいました。

実際置いてみようとすると頭の中にあったイメージとは結構違うもので、なぜかZineが一番フィーチャーされたような結果になったり、あえて隣に置こうとしてたウォーターサーバーも並べてみると雰囲気がちょっと違っていたり。まあこういうのは予定調和でポンと置いて終わるだけよりも面白かったと言えますが、思いつきの遊びのようなことに付き合ってくれる遠矢さんには感謝です。(少しアップデート予定。)

WRKS Pastime “Fragile Glass” at Indyvisual Online Store





The Mirror #1
Acrylic on wood panel
40 x 40 cm

コンセプトは、鏡、もしくは鏡の世界をのぞくための四角い窓。世の中にある相関性が無いような物事・事象が距離を保ちながらも混在しており、それらはその場に静止してるようでも常に変位しうる状態にあるが、自分自身の目に映る日常の世界とは形にしてみればこんなものなんじゃないかという世界観を視覚化してみたようなもの。

Fragile Glass







当初は透明のMicrowave safeなグラスマグを作りたかったけれど、最終的にはプリント重視でシンプルなロックグラスに落ち着きました。
グラフィックのコンセプトしては、具象と抽象の間のような一見すると意味が無いようで在るようで、様々な物事が直接的に関係は無いけれど相互に働きあい、動じずも脆く維持している位置関係の1フレームを切り出したようなスチール感をイメージしています。

サイズ:φ74mm ×高さ78mm / 内容量:200ml
材質(本体):ソーダグラス + 金(シルクスクリーン印刷)

日本製

WRKS Pastime “Fragile Glass” at Indyvisual Online Store

WRKS Pastime

WRKS Pastime



その位置付けは、意味が無いようでありまた有るようでもあり、根元の部分のようでありファーエンドのようでもあり。狙いとしては、実験性と提案性を兼ね備えながら、欲しいものを作るという原点回帰をもとに。いつしかの若気の至りのようにまだまだ無知に楽しんで物を作れそうだなと、歳を重ねたことで変化したテンションや価値観を落とし込みながら、カテゴライズされない空間づくりを目指して。

WrecksあたらめWRKS Pastimeとして、根本とURLは変わらないながらも気持ち新たに、質感と空間を意識したものづくりを狙っていきたいなと。まずは日常にすっと小さく忍び込むためのテーブルウェアから製作予定です。

https://www.wrecks.jp

Playing around with Physics





After Effectsにもちょっと飽きてきたなと、もうちょっと違うことがしたいなと、遊び半分やってみようかしらと、夏頃導入してみたシネマ4D。
全然使いこなせなかった場合、遊びにしては高くつくので、様子見のBroadcastで。
軽く触った程度にも、思ったより自分の描いてたイメージのことがBroadcastじゃできないんだなと気づき、かといってどうしようと思ってたらMographの気持ちよさにはまり、結構これだけでも十分だなと実戦投入しつつ、そのまま引き出しの奥へと追いやってしまったC4D。

その傍ら、放置できる実験的な体裁のWEBサイトでも作りたいなと、物理演算のライブラリを引っ張ってきて、Flashみたいで懐かしいなんて思いながら、こちらも遊びのわりには四苦八苦しながら構築して、何がしたいというよりはそれはスタンスの提示的な何かで。

物理演算とか、やはりシミュレーション要素が入ってくると、計算しているんだなあとなんだかコンピュータがコンピュータらしく思え、久しぶりにコンピュータって面白いオモチャだなと実感したり。あとはこの遊びの領域からどこまでやってみるかなと。この先、遊び心とともに、自分の中の小さなエンジニア魂をどこまで奮い立たせられるのか。毛を生やしてフワフワもさせてみたいし、もちろん柔らかい衝突もさせたい。そんなこんなで生の絵の具からはより遠ざかる日々。